日々是平穏

こちらは黒辺あゆみが創作について語るブログです

執筆における人称選びについて

私は今まで書いた作品は全て三人称でやってきました。

それでも色々工夫して、一人称的三人称で書いてきたんですがね。

視点を固定するとか、彼・彼女という表現を主人公には使わないとか。

そんでもって最近、一人称でも書いてみるか? とか考えているわけですよ。

 ところが、感想とかを見ると「一人称って軽い」「いかにもラノベっぽい」とかいう評価をしている人たちがちらほらいる。

 

いやいや、書く側からしたら一人称ってムズいよ?

 

でも、そう評価される理由もわかるんです。

一人称って、初執筆な人にはとっつきやすいそうですから。

何故ならブログ感覚で書けるから。

 

 

ですがここで一言断っておくと、実は一人称をよく使われているのは純文学です。

あちらでは賞に応募するほとんどが一人称らしいですよ。

一人称は取っ付きやすくもあり、ある程度文章を書き慣れた人からすると難しい人称でもあります。

これも何故なら、ブログっぽくなってしまうから。

一人称は自分語りになりやすいんですよね。

だから自己陶酔型の作品が多発して、純文学での賞の下読みさんは悲鳴を上げているそうです。

 

けれど、一人称はブログっぽい自分語りをするための人称ではないんです。

これは、語り手の視点で表現を固定するための人称です。

そんで推理モノってたいてい一人称。

例えれば、古めかしいお城を語り手が見たとする。

語り手が建築に詳しい人だったら「これは〇〇様式で何世紀頃のものだから~」とか延々と語り出す。

そして建築に疎い語り手だったら「ヨーロッパのお城っぽいね」で終わる。

前者だったら読者は「ハイハイ、建築知識をひけらしたいのね」と思うだろうし、後者だったら「馬鹿っぽいコメントだなぁ」と思う。

良くも悪くも、語り手の性格で作品の色が決まってしまうのが、一人称なんですよ。

 

ね、難しいでしょう?

 

でも、今度の作品ではこの一人称にチャレンジしてみたいなぁ、とか考えています。