日々是平穏

黒辺あゆみの Official Blog

「何故?」を持つっていいことだ。

私、メモ魔デビューをしてからというもの、物事に対して「何故、どうしてそうなんだろう?」という思考を、だいぶ抱けるようになりました。

ちなみに、メモ魔のバイブルはこちら!

 

f:id:ayumikurobe:20191027154803j:image

 

この「何故?」を抱くのは自然と身に付くものではなく、思考のトレーニングが必要でして。

そのトレーニング方法こそが、メモなんですよね。

そんで、「何故?」という思考を常に持つようになると、如実な変化が起こりました。

それは、物事に対してヘイトな思考をしなくなった。

分かりやすく言うと、目の前の対象物に抱く感情には、「好き」と「嫌い」以外のモノがあると知った、といいますか。

ヘイトというのは、思考停止の産物だと思うんです。

 

どうしてそう考えるようになったかというと。

ある時とある場所で、「あのCM意味不明」「キモくて嫌い」みたいな内容の会話が聞こえたんですよ。

CMがどれのことなのかは、割愛するとして。

これまでの私なら、別に何とも思わず、「へぇ、そう」で済ましていたんですが。

今の私は、これをとっても残念というか、もったいないと感じてしまいました。

悪口はよくないからとか、そういうのももちろんありますけどね。

けれどそれ以上に、そこで思考停止してしまっていることがもったいないのです。

話題のCMが意味不明ならば、どうしてそんな意味不明なCMをわざわざ作ったのか、狙いはなんなのかとか。

好印象が抱けないのなら、どこがマズいと思うのかとか。

その人が一言で済ませてしまっている事象に対して、色々な角度から思考できるんです。

そして思考の向こうに、新しい発見がある。

目の前の事象を、分かりやすい単語だけで振り分けて切り捨てるなんて、人生の伸びしろを捨てているようなものではないか、と思うのです。

けれど、その会話をしている人たちは、ちょっと以前までの私なんですけどね。

 

「嫌い!」だと思ったら、その事象に対してネット検索をかけて、同じように嫌っているコメントを多数見て「やっぱりね!」と安心する。

誰しも、したことのある行動だと思います。

けどだいたい「好き」「嫌い」という感情を持つと、「好き」よりも「嫌い」の方がネットへ流れる傾向があると、私は思っています。

「好き」という感情はわざわざ他人と共有しなくても持っていられるけど、「嫌い」という悪感情はやはりストレスがかかるので、「持っていていいものだ」という安心材料を求めるのでしょうね。

だからその「嫌い」と思ったものを検索をかけて、「嫌い」コメントばかりが目につくのは当然なんです。

だから、それだけで自分が多数派だと思うのは間違い。

むしろ、そんなことを検索している時間はもったいない。

それこそ、時間泥棒ですよ。

同じ時間で、どれだけの「何故?」を思考できることでしょう。

 

今、世間で起きる対立というのは、この二極化した「好き」「嫌い」の争いが原因の一つではないか、と考えられると思うんですよ。

けれどここに「何故?」を挟むと、「好き」派も「嫌い」派も混じり合って議論となる。

議論するところから、新しい思考が生まれる。

私はそう思います。

 

みなさんも、メモ魔になって思考トレーニングをやってみませんか?