日々是平穏

こちらは黒辺あゆみが創作について語るブログです

原稿を手書きにする際の、問題。

それは、「なにに書くか」ということ。

普通に考えれば原稿用紙なんだろうけど。

原稿用紙って、地方だと手に入れるのが地味に難しいと、最近気付いた。

なにせ、400字の原稿用紙だと、当然めっちゃ枚数を使う。

その一枚ずつのコストは大したことないんだけど、それを大量購入する先がないのよ。

 

コピー用紙みたいに、何百枚単位でドン! と買うには、ネットということになる。

そしてこのネットの商品も、私的にジャストフィットする代物がないというか。

やっぱり基本、学校で作文を書く目的なのよね、原稿用紙の市販品って。

そうなると、手書き派の作家さんはどうしているのか?

そりゃアナタ、オーダーメイドですよ。

私もそういうのに憧れるし、文房具はテンションが上がるものを使えってよく聞くけど。

やっぱり、こっぱ作家の内はコストって考えるんですよね。

いずれオーダーメイド原稿用紙を注文するんだ! と心に決めつつも、使っているのは方眼ノートだったりする。

でもね、いわゆるスクールノートって、やっぱり書きやすくできているのよね。

それに、私みたいに複数作品を同時進行で書いていると、作品ごとにノートを分けていれば「あ、原稿どっか行った!?」みたいなのがないし。

今のところ、不満はないです。

使っているペンは、PILOTさんのkakuno。


f:id:ayumikurobe:20191029170101j:image

この万年筆、軽くて手に負担がないんですよね。

絶妙な太さが、またいい。

コンセプトが、子供用万年筆ですから!

極力手に負担がないように作ってあるってわけ。

そしてなにより、お安い!

そんで、実は万年筆のインクカートリッジだって、ボールペンの代え芯よりも安い!

もちろん、インクに拘れば高いものはありますけど。

PILOTさんのカートリッジはお財布に優しいです。

 

作家でなくても、日々の仕事なんかで書き物をする方。

万年筆っていいですよ!