日々是平穏

こちらは黒辺あゆみが創作について語るブログです

高級なノートに憧れる

最近、小説を書くのに万年筆を使い始めた私なんですが。

書き綴るノートというものに、思い悩んでいます。

っていうのが、万年筆で書くのにはノートって、良し悪しがきっぱりと別れる!

どれも同じような紙質に見えるのに、裏写りがひどかったり、ペン先が引っかかって掠れたり。

そうかと思ったら、すらすらと書けたりとかね。

万年筆向けなノートで調べたら、やっぱり昔からあるメーカー製がいいみたいです。

ツバメノートとかね。

でも残念ながら、うちとこの地元って文房具過疎地帯でして。

文房具専門店って、ぶっちゃけないんだよね。

あってもちょっとナナメ入っているお店が、死に在庫を並べているだけだったりとか……。

 

そんな中で比較的お手軽に手に入るのが、ドラッグストアにも売ってある日本ノートのスクールノート。

日本ノートって、ちょっと前までkyokutoの名前で知られていた会社。

滲まない、掠れない、ペンが引っかからない!

これはいい、ストレスフリーですよ!

それに学習ノートだから、教科別に揃えられるように色違いが多いのがいい。

小説ごとに色分けできるから。

 

その日本ノートの別シリーズに、アピカシリーズがありまして。

こっちがちょい高級路線。

その中でもプレミアムなのがありまして。

只今気になるのが、そのノート。

でもね、残念ながら現物が地元にない!

ネットでお取り寄せするにもまとめて発注になるじゃん?

そうなると、やっぱりその前に試し書きしたいのよ!

評判いいし、外れはないと思うんだけど、まずは見て触りたい!

 うーむ、まずは都心部に出た時に文房具店へ行くべきか……。

 

 でも文房具品はテンションが上がるのを使うべしって聞くし。

いつか万年筆も凝ってみたいです。

いや、今のkakunoくんもいいんですけどね?