日々是平穏

こちらは黒辺あゆみが創作について語るブログです

上を向くって、いい言葉。

今日の新聞で、香取慎吾氏のパラスポーツの特集が載ってたんです。

パラスポーツのお話も、もちろん面白かったのですが。

 

そんな中で香取サンが、良いことを言ってまして。

悪い時ほど人は一人だとおもいがちで。

そんな時は人に「今の俺、輝いてる」って人に聞いてみるんだって。

人の温かさを感じられると、上を向けるっていうお話。

 

この分を読んだ私が気になったのは。

大抵の場合、こうした文脈だと「前を向ける」ってなるんじゃないかな、と。

でも香取サンは「上を向ける」って言ったわけで。

これに「ああなるほど、香取サンってこうなんだ」って思ったんです。

「前を向く」って言われると、「先に進まなきゃ!」って思っちゃわないですか?

前進こそが必要なのだと。

でも「上を向く」って、その場で立ち止まってできる行為なんですよ。

じぃーっと足元ばかり見ていたのを、ちょっと上をみようよと。

地面と違う世界があるんだよ、っていうことで。

エネルギー使って何が何でも前に進もうとしなくても、ちょっと顔を上げるだけで世界は変わるんだ、って思えるじゃないですか。

ちょっとポジティブが蔓延してポジティブ疲れが始まっている今の時代に、優しい言葉ですよね。

 

よし、私も前向きはとりあえず置いておいて、上向きでやるぞ!