日々是平穏

こちらは黒辺あゆみが創作について語るブログです

いいことがありますように!

そう、前向きな気持ちでいきたいです、って話。

 

自分への自戒も含めて。

ここのところのコロナの報道とかなんとかが、なんでも自分事じゃないなと思って。

言っておくけど、政治の話だけじゃないですよ?

 

今日は熊本地震が起きた日。

ラジオを聞いていて、「あの時と同じように、皆で助け合って乗り越えましょう!」みたいなコメントがあったんです。

熊本地震の時。

「助けよう、前向きに考えよう」という意欲に、日本中が溢れていた。

けれど今のネットやメディアは、現状の不満を流すばかり。

もちろん、社会の機能不全を改善してより良くする作業は大事です。

でも、「誰かを助けたい」という流れが、イマイチ弱いというか。

そんで思ったんです。

「助ける」という行為は、自分が安全圏にある状態でこそ発せられる言葉なんだな、と。

いざそれが自らの身に降りかかったら、パニックになって当たり散らす相手を探して回るんですね。

それが悪いことじゃないですよ、自然の人の心理ですから。

実際地震の被災者も、「なんで自分がこんな目に遭うんだ」と思ったはずです。

でも、毒を吐いた後は前を向きたいです。

 

確かに、政府とか大きなモノに助けてほしいです。

早く楽になりたいです。

けれど、助けを「待ち」の状態で「早く助けろよ」と胡坐をかいているのは、違うと思う。

もちろん、国は国民を助けなくてもいい、ってことじゃないですからね。

そうじゃなくて、気持ちの問題で。

いいことって、いい人に降りかかると思うんです。

いい人っていうのは、誰かを悪者にしたり意地悪をしたり、毒をぶつけない人。

いろんなことに感想を持つのは大事。

だけど、感想は建設的なものでありたいです。

「政府のやり方が悪いんじゃないのか?」

で終わらず。

「だったら自分はどうするのか?」

自分事の考えを付け加える。

小さなことでも、自分に出来ることをひねり出す。

それにどんな些細なことでもいいから、前向き行動でありたいです。

ポジティブではなくていいから、前向き、一歩先へ進む。

そうしたら、いいことがやってくるんじゃないかな?

 

うーん、このモヤモヤを言葉にするって難しい。

上手く伝わったかなぁ?