日々是平穏

こちらは黒辺あゆみが創作について語るブログです

お札をもらっちゃいました。

父方のお墓のあるお寺は、先祖代々というほどではないんですが。

祖父の代からお世話になっているお寺なんです。

どっかで言ったかな?

ウチ、朝鮮からの引き上げの家系なんで、先祖代々の土地ってものがないんですよね。

 

それはともかくとして。

そのお寺から、はがきに書かれたお札が郵送されてきまして。

いつも配達に来る郵便局のお兄さんから、「すごいですね!」って言われちゃいましたよ。

あ、ウチって店なんで、配達のお兄さんから手渡しなんですよね。

お札の写真は場所バレするので、あげられないのは残念ですが。

これが立派なお札!

コロナ退散祈願と書かれていました。

そうよね、最後にすがるのはここだよね、本当にお坊さんのお気持ちがありがたい……!

 

それに先日聞いたばっかりなんですが。

このお寺っていうのが元は修行僧のこもる御洞が始まりらしくて。

確かにお寺の看板? 石碑? に、○○洞という名前が付いているんですよね。

しかも、奈良時代の文献に名前が出ているという、ふっるいお寺でして。

確かに、観音様とかの年季の入りようは凄いと、いつも思ってたけど。

しかも場所がね、納得というか。

日本昔話のモデルだろっていうくらいに、山の中にポツンとあるお寺なんですよ。

山丸ごとお寺の土地っていうし。

うん、ぶっちゃけ御利益ありそう!

父の仏前に備えて、どうかコロナから守ってくださいと、毎日お祈りしています。