日々是平穏

こちらは黒辺あゆみが創作について語るブログです

本日、父の一周忌でした。

とはいえ、親戚とかは呼ばずに家族だけでやったんですが。

ウチはお寺でするんで、熊本の菩提寺まで行ってまいりました。

ついでにまだ持ってた父の遺骨も、納めてきましたよ。

母も、「もうそろそろいい」って言うもんですから。

それに、こういうのはいつか区切りを付けなきゃいけないものですし。

寂しかったら、来月の月命日に会いに行くからいいよね、ってことで。

 

そんで一周忌に納車が間に合って、父を新車で送れてよかったね、って話にもなりました。

車の免許を最後まで手放したがらなかった父ですから、きっと乗りたがっただろうね、って。

 

人によっては、いつまでも亡くなった人のことをこんな風に話すなんておかしい、って言うでしょうし。

それこそ今どきは、四十九日を過ぎたら全く構わず、月命日も〇周忌の供養もしないっていうのが多いらしいですけど。

ウチとしては、やれることは全部やってあげたいし、父の事がいつまでも話題に上ります。

これは「まだ寂しいからだ」とか、「気持ちの整理がつけられてないから」とかじゃなくって。

これが我が家の自然な姿なんだと思います。

寂しくって当たり前です、だって家族ですもの。

寂しいことが悪い事だ、なんてのが変なんですよ。

 

もし亡くなった人と仲の良い間柄ではなかったとしても、

なにかしらの感情が残るのは、当たり前で。

「なんとも思わなくなる」日が来るなんて、ありませんよ。

最近、色々と訃報が聞こえてきますし。

今日だって俳優さんの訃報が朝から流れましたけど。

自分のあるがままを、受け入れていきたいと、そう思ったりする日なのでした。