日々是平穏

こちらは黒辺あゆみが創作について語るブログです

最近の傾向って。

思うんだ、最近ってもしかして短編ブームなんだろう? って。

投稿小説サイトでも、短編のイベントをよくしているし。

刊行されている小説でも、大御所さんの連作短編とかが多い気がする。

それに比べて、昔よく見た「どんだけ!?」ってくらいに分厚い新書とか、みなくなったよね。

あれも、時代の流れで流行っていたんだろうな。

だって、普通に二冊に分けて出せばいいんじゃ? って思うもの。

特別に作るから、余計にお金がかかりそう。

あの分厚さがインパクトで流行ったけど、誰もかれもがやり出したら珍しくなくなったんていうね。

 

でも、短編ってちょっとチャレンジ心が湧くというか。

だって、短編、すごくない?

一万字くらいの分量で、起承転結を付けるんだよ?

長編を書く時みたいに登場人物の紹介をダラダラしたり、世界観をダラダラ説明したら、あっという間に一万字いっちゃう。

短くて分かりやすくてインパクトを与えるって、すんごく計算しなきゃいけないと思うの。

それに、短編の書き方って長編にも生きるよね。

長編で「説明が長いな」って思う時、あるもの。

 

うん、どっかの短編イベントに挑戦してみようかな?