日々是平穏

こちらは黒辺あゆみが創作について語るブログです

ふと思う

梅雨が明けてもなんか雨がズルズル降って、梅雨明けっていう気がしない。

それに最高気温も若干低めだし。

 

……って考えて、「ちょっと待てよ?」となった。

もしかしてかつての夏は、気温がこれくらいだったんじゃあないの?

ゲリラ雷雨は勘弁だけど、雨の降り方自体は夕立程度。

今って夕立が降るのはものすごいラッキーだけど、かつては頻繁に降っていた。

高気圧二段重ねとかにならなかったら、暑さなんてこんなものなんじゃあ?

こんなものって言っても、ちゃんと32℃くらいはあるんだし、十分夏日よ?

猛暑、酷暑の気温にならないと夏じゃない、みたいな感覚、おかしいよね?

 

今九州が涼しめなのは、高気圧の本体が東北・北海道のあたりにあるからみたいだし。

高気圧も位置取りがおかしいのよね。

まあそれに、これからちゃんとこっちも暑くなるんだろうけど。

 

でも十年後くらいに、「酷暑とかわけわかんないよね」とか時代遅れワードになってくれるといいなぁ。

政治的背景があるとはいえ、中国が二酸化炭素削減に動いてくれたのは、お隣さんの日本にとってはありがたいことだと思うの。

あそこが二酸化炭素の一大産地だったしね。

日本は、こういうことを先陣切ってやるフロンティア精神は、昔っからない。

誰かが成功したのを見て、その後ろを石橋を叩きながらついて行くタイプだよね。

こういう精神的なものに、先進国とか後進国とか関係なくって、お国柄っていうのはそうそう変えられない気がする。

だからアメリカと中国がやる気になったら、日本だってついて行かざるを得ないわけで。

数年後に「若干気温が落ち着いて来たんじゃないの?」って感じれるといいなぁ、と願っています。