日々是平穏

こちらは黒辺あゆみが創作について語るブログです

他人との線引き

最近、体質改善に色々と励んでいる私ですが。

他の人、それも家族にもつい「やってみて!」と勧めたくなるんですけれども。

そこは、ぐっと我慢しています(笑)

 

というのも、こういう話題に「へぇ、そうなんだ! 私もやってみようかな」っていう反応と、「お前、モノ好きだねぇ」っていう反応に、たいていバッキリと別れるんですよね。

だから「今こういうチャレンジ中!」という宣言はするけれども、それで興味をもってやるかどうかは、所詮他人が背中を押すかどうかは関係なくて、その人の行動力ありきだよね、って考えているんです。

ほら、「こういう症状で困っているんだよね~」って相手が言うから、善意で「こうやると症状改善するよ! 私がそうだったし!」って言ったとする。

こういう時って、私とその人で体質が違う、っていうのがあるけれども。

そもそも、その人は「不健康自慢」をしたいんであって、「病気をたくさん抱えた虚弱な私」を愛している、っていう場合があるんですよ。

後者の場合、めっちゃムッとされる。

「私のステータスを消す気!?」ってね(笑)

そんで、家族の若干その毛がある人がいるんですよ。

この人は、『このままだと死ぬぞ!?』って脅される段階にならないと、体質改善なんかしないんだろうな、と思っています。

実際、過去にそのようなことがあったし。

その性格が治っていないってうか、直す気がないなら、まあそれがその人の人生ってことで。

そんな風に割り切るのも、自分のためってことですかね。