日々是平穏

こちらは黒辺あゆみが創作について語るブログです

もっと身体を信じようぜ

自律神経大作戦と、薄着大作戦を決行して数日。

薄着で暖房器具を使わなくても、ちゃんと風邪ひくことなく過ごせてます。

私、寒いってことを怖がり過ぎていたなぁ。

 

気付いたんですが、私たちって「かもしれない」で先回りして防寒し過ぎなのかもです。

天気予報でも、今日はこのくらいの気温になります、こんな服装がいいでしょう、みたいな服装予報までするじゃないですか。

そうなると、寒い方に合わせて厚着をするのが、まあ普通ですよね。

けど本当なら、寒くなってから「このくらいだったらこれかな?」っていう感じで、重ね着するもんなんですよね。

まあ、外出していると、そんな微調整はなかなかできないわけで、そのあたりは難しいんですが。

それでも、服装の着替えができる環境にいるのに、「寒いかもしれない」で一日厚着で過ごすのは、身体を信じていなさすぎだよな、と思うんです。

それに、最近寒暖差アレルギーっていうのが流行っているじゃないですか。

あれも、要するに自律神経が弱っていて、暑い寒いに身体の体温調節機能が上手く働かないことが原因だし。

寒さに対するアレルギーじゃなくって、自分の体調管理の問題なんですよね。

かくいう私も、一時期寒暖差アレルギーだったし、若干の花粉症っぽさもあった。

けど、今年の春はその気配がさっぱりナシ!

ヒートテック系の吸湿発熱の衣類を着なくなったことで、体温調節機能が復活したからだろうなぁ。

やっぱり、薬とかに頼るよりも、まず自前の身体を整えるって大事なんですねぇ。

 

つまり、身体って甘やかすと際限なく甘えて、どんどんサボっていくものらしい。

エアコンや吸湿発熱なんかで常に温かかったら、温かくする機能をオフにしてしまう。

自前でぬくぬくにできるんだったら、そっちの方が断然エコに決まっているではないか。

エコ生活はまず、自分の身体の機能を信じること!

人間って、北極とかでも生きているんですよ?

つまり、寒さにある程度の耐性があるんですから。

私の身体よ、ちゃんと働け!