日々是平穏

こちらは黒辺あゆみが創作について語るブログです

お江戸が呼んでいる

noteの方でも書いたんだけど、こっちでも欲を流しておこうかと思いまして。

お江戸モノが書きたいんです、無性に今。

思えば私、中華ジャンルを読み込む以前に、時代劇って好きだったなぁ。

暴れん坊将軍とか、水戸黄門とか、その他色々。

「好き」があるなら、書きたくなって当たり前なのよね。

それに最近、時代物がラノベでも文芸でも増えているじゃん?

つい前までは、時代小説っていうと剣客モノ一辺倒だったのに。

特に「澪つくし」が流行ったあたりから、お料理時代モノをやたら見かける。

あと、大正ロマンブームっていうのもあるな。

大正だったら西洋文化がある程度入っているから、お江戸と違って現代の感覚で書いてもそう大きくはズレない。

私は別段「澪つくし」を見ていたわけでもないので、料理屋orお宿モノにはあんまり興味はわかない。

あれかな、「あやかしお宿」モノが飽和状態になってそろそろ飽きられているから、そちらの流行りに乗ろうと思って外れた人が、「澪つくし系」に流れているのかも。

時代モノをいち早く取り入れて小説賞を設置したのが「アルファポリス」さんだけど、まあ「澪つくし系」小説が多いこと。

けど、今時代小説に拒否感がなくなっているのは確かなのよね。

それに中華よりも色々な設定を検索するのは、やりやすいだろう。

なにせ自国の文化なんだし。

やれる? 書けるか? とか思っていたら、もう書きたくなっちゃって。

見切り発車的な感じで、今ぼちぼち書いてます。

メインの更新を描くのに飽きた合間の時間にね、ちょいちょいっと(笑)

とりあえず短編程度のものを書いてみて、自分的にまだまだイケるかの様子を見ようかと。

あ、イケるかっていうのは「読者にウケるか」っていうのじゃなくて、「長く書いて苦じゃないか」っていう方向のことね。

読者ウケしても、自分が書くのが楽しくないと、結果続かんのですよ。

経験上ね。

 

まあ、思い出したようにアップするか、もしくはお蔵入りするかは、自分でもわからんですがね(笑)