日々是平穏

こちらは黒辺あゆみが創作について語るブログです

暖房との付き合い方

サーキュレーターを導入したら、暖房環境が劇的に改善された。

そして、日がさして暖房が要らないくらいの時でも、サーキュレーターをつけていると、暖かさが部屋に行き渡る。

なんで今まで買わなかったんだ、サーキュレーターを。

そんで、思った。

暖房をつける時に、「あったかい」を目安にしたらイカンな、って。

だって、「あったかい」って慣れるんですよ。

最初は「あったかい」と思っても、慣れるとだんだん冷えてくる。

というのを実感したのが、昨日病院に行った時。

昼過ぎだったし、行きは外を歩くのに、着込んでいたしそれほど寒いと思わなかった。

そんで病院内に入ったら、暑いのなんの!

けどその暑さに慣れてきて、そこそこの時間その中で過ごすと、さあ帰るかって外にでたら、外がめちゃ寒い!

そうよ、こうなるのよ暖房って。

だから、「寒くない程度でまあ過ごせる」を目安にすればいいのよ。

自分で言うと、手がかじかんでなくて、タイピングがちゃんとできるくらい。

ボディは着こめばいいんであって、暖房をつけて薄着になろう!っていう思考がそもそも間違い。

ようやっと、そのことに気付かされましたわ。

っていうか、夏はこの「暑くなくて過ごせる」でいけるのに、どうして冬になると「あったかさ」を求めちゃうんだろうね?

そんなわけで、今年は節電がんばるよ!