日々是平穏

こちらは黒辺あゆみが創作について語るブログです

三回忌でした。

本日、父の三回忌でお寺に出かけてきました。

まあ、車が多かったね、お天気いいし。

夏休みガアレな天気だったし、このシルバーウィークがちょっと遅れた夏休みだと言えなくもないよね。

それに、ワクチン接種が進んだからっていうのもあるかもしれない。

 

ワクチン接種が済んだ人から、ギュンギュン経済をまわしていきたいところだけど。

問題なのが、ウチの実家みたいな個人商店。

全員ワクチン接種済みだからかかるリスクは低いし、かかってもたぶん無症状なんだろう。

けど、他人にうつすリスクが下がらない以上、我々が発生源になることを慎まなきゃイカンのですよ。

だってクラスター発生源となった日には、ネットにも新聞にも名前が載る。

そうなったら、よほど顧客の信頼厚い店でないと、閉店の危機ですよ。

中小企業とかもそうかな、なにせ「クラスター発生源」っていうのは、外聞が悪い。

なにせ、マスコミが大々的に宣伝してくれるからね!

だから他人には動いてほしい、でも自分は動かないけどね! っていうことになる。

このクラスターリスクを和らげるためには、やはりマスコミに感染者数を数える行為をやめてもらうしかない。

インフルエンザの学級閉鎖くらいのレベルまで、認識が下がらないと、我々のリスクは変わらないんだよ。

たぶん、飲み薬が出たらリスクはインフルエンザと同等になるんだから、必要なくなると思うんだけど。

でもこれも、我々側から声を集めて国に要請しないと、惰性で人数を公表し続ける気がする。

 

いつまでも飲み屋が悪者扱いされるのもそうだけどさ。

そろそろ我々側もちゃんと声を上げる必要があるのかなぁ?

だってお国って、声の大きい人の意見から順に聞いていく人たちだし。

こちらサイドが、あまりに大人しく要請に従い過ぎたんだと思う。

なにより、自営業者の集まりだから、組合がないのが痛かったんだよね。

つまり組合の力が強い順に、被害を免れているんだから。

こうなると、署名を集めて要望を纏めるくらいしなきゃなのかなぁ?

どちらにせよ、泣き寝入りは嫌だよね。

 

そんなことを思う、お彼岸最終日なのでした。

洗濯物がはかどるぜ。

敷布団の敷パットとか、タオルケットとか、とにかく布団を夏から秋モードへチェンジするのに忙しい。

こんな急に寒くなることないじゃんね?

で、仕舞う前に洗わないと、次のシーズンに出すときに変色する羽目になるんですよ。

なもんで、洗濯機が忙しく回っています。

たぶん、今月の水道代はお高いでしょうな。

けど、洗濯機を変えといてよかった。そうでないと、もっと水道代いっちゃったと思うの。

去年の今頃に自分、偉いぞ!

それはともかく、今がそういう洗濯物にちょうどいいお天気!

あともうちょっと気温が低くなったら、厚手のものは乾きにくくなるし。

気温が高くて空気がカラッとしている今が、一番乾くよね。

冬の毛布とかも、洗うなら今!

かび臭いのじゃなくて、洗剤の匂いで寝たいのです。

まだまだがんばれ、洗濯機!

お仕事を乗り越えた!

一つ、お仕事の架橋を乗り越えましたよ。

具体的にはまだ言えないんですけど、「百花宮」ではない原稿をせこせこ書いていました。

まだ見直しとかをしなきゃならないんですけど、ラストまでをシメるのが一番大変な作業。

足りない隙間を埋めていくのは、自分はたいして苦じゃないんですよね。

まあ人によっては、隙間を埋めていくのが自分へのダメ出しみたいに思えて、「私ってダメなんた!」って苦に思う人もいるかもだけど。

どうなんでしょうね? そのあたり。

前にも言ったけど、自分は根っからの二次作家なもんで、隙間埋め作業は好きなもんで、そのあたりがよくわからんのですよね。

 

ともあれ、見直しにはちょっと間をおいて取り組むことにするので、しばしの解放感に浸れます。

某大先生曰く、執筆ってかなり脳みそを異常状態にしちゃう行為なんで、見直しっていう冷静な判断が必要な作業には、クールダウンが必要なんだとさ。

私にもこの感覚はちょっとわかるので、数日寝かせるわけですよ。

原稿さん、しばしオヤスミ~♪

カーテンが裂けてた

長いとこ使っていたレースのカーテンが、いつのまにか裂けてた。

いや、裂け目はちょこちょこあったんだけど、大穴が空いてたのよ。

このカーテン、自分で縫ったやつなのよね。だからって愛着があるわけでもないけれども。

昔は地元に安価にカーテンを売っている店がグッディくらいしかなくて、デザインに凝るなら手縫いだったのよね。

今じゃあ、ニトリさん様様ですよ。

今日も、ニトリさんに新しいカーテンを買いに行ったさ。

新しいカーテンだから、当然汚れていなくて白い。

おかげで部屋の中が明るくなった。

そして我が手縫いカーテンよ、お疲れ様でした。

成仏しろよ!

一つの仕事が終わろうとすると、気が抜けてくる。

最後まで気を抜かないことは大事なんだろうけど。

やっぱり原稿仕事って、ラストが見えてくるととたんにテンションが下がるのよ。

これ、私だけかなぁ?

一番気を張っているのって、たぶん起承転結だと承を書いている時な気がするわ。

転を書いている頃にはもうラストがチラチラしてくるじゃん?

そうなると、「ああ、もうすぐ解放されるぅ~」って思っちゃう。

たぶん私、マラソンだとゴールテープが見えたら最後のダッシュをするタイプじゃないな(笑)

でもそうだよね、集中して書いている時って半分イッちゃっているから、煮えている脳みそをクールダウンしないと、きれいなラストなんて書けないのかも。

となると、自然現象なんだな、うん。

そんなことを自分に言い訳して、PCのミニゲームでうっかり時間が過ぎたことには目をつぶるのでした。

明日、明日はがんばるよ!

連休最終日

各地、人手が増えたみたいですね。

けど仕方ないっていうか、こんなにいい天気ですもの。

お外が呼んでいる! って思うよね。

それにワクチン接種も進んでいるんだし、お出かけいいよね? ってなるのは当然の流れ。

 

日本人って真面目っていうか。

マスコミが毎日感染者数を発表するのって、いつまでやるんだろう? って思っちゃう。

これ続けていて、ゼロになるまで数え続けるの?

いや、普通に無理でしょ、今回のコロナっていう病気は、サーズとかマーズみたいに消えないよ。たぶん。

せめて、無症状感染者は除外して発表すればいいのに。

だって、インフルエンザって感染して病院にかかった人だけがカウントされているじゃん?

コロナ患者みたいな、ローラー作戦で人数カウントしていない。

事実、「インフルエンザかも?」っていう症状が出ても、病院に行かずにドラッグストアで麻黄湯を買って飲んで直す、っていう人もかなりいる。

インフルエンザだってコロナ患者と同じ方式で感染者をカウントしたら、似たような結果が出るんじゃないかなぁ?

無症状感染者とか、普通にちまたに溢れていそう。

コロナだって、外出しても最低限の感染対策をしていればいい話であって、「ワクチン打っても引き続き引きこもり生活を続けてください」っていうのは、思考停止っていうか、なんか色々横着な気がする。

もうちょっと工夫をしてやっていこう? って思います。

少なくとも、外に出かける人たちを安易に批難する報道は、モヤっとするのよ。

ワクチンを打ったらある程度安心だよ、色々できるようになるよ! って言ってワクチン接種を進めて。

ある程度を超えると「やっぱりワクチンだけだと不安だから、我慢を続けるとより安心」とかっていう論調が出て。

いやいや、話が違うでしょ? そっちの方がワクチンわかってないし!

ワクチンは症状を軽くするものであって、かからない安心安全な肉体を保証するものではない。

ブレークスルー感染とか、カタカナ語を使ってやたらと脅すのはやめてほしい。

そういうの、インフルエンザだって普通にあるじゃん!

コロナだけの特殊事項じゃないし。

 

そんなことを思った、連休最終日でありました。

連休でストレス発散してきた皆さん、また明日から日常をがんばりましょうね。