日々是平穏

こちらは黒辺あゆみが創作について語るブログです

なんだかんだで

オリンピックって、やっぱり盛り上がるよねぇ。

オリンピックに出る人たちは、みんなすごく四年間、もしくはそれ以上に頑張っている人たちなんだけど。

やっぱりメダルっていうのは、わかりやすい基準ではある。

特に金メダルって、特に今回は「接戦の末に!」っていうよりも、異次元レベルで超越している人たちな気がする。

でも、金メダリストって、そうあるべきなのかもね。

ちょっと才能に優れている人が、ちょっと頑張ったら手がかすめる程度の場所に金メダルがあったら、ありがたみが減る気がする。

誰もが「あの人が金メダルで、納得だよね」っていうのが、平和っていうか、目指す人たちのモチベーションになるんだろう。
逆に手が届きそうな人が金メダルだったら、「なんであいつが金メダルなんだ」とか不満を抱えそうである。

「接戦の末に、惜しくも金銀に分かれた」っていうのも、盛り上がるっちゃあ盛り上がるんだけどね?

 

スポーツってさ、プロ野球もそうだけど、「にわかファン」を悪し様に扱うガチファン、っていうのが、たまにいるじゃないですか。

でもそういうことをする「ガチファン」って、「自称ガチファン」だと思っているんです。

「ガチファン」っていうか、「真のファン」は、いつでも新しい仲間にウエルカムな人たちですよ。

「にわか」を邪魔扱いする「自称ガチ」って、単にマウンティングしてストレス発散したいだけの人たち。

そういう人たちって、自分たちがニッチでコアなジャンルにいるからステータスなんであって、それがオープンになったら価値が下がるって考えている節があるんですよ。

だから、「お前程度になにがわかるんだ」っていうのが基本姿勢。

いや、スポーツは「自称ガチ」のためにあるわけではないですよね?

 

そんなことをちょっと思った自分ですけど。

北京五輪って、時差がほぼないから、観戦するのに助かるよね!

今日も張り切って応援だ!