日々是平穏

こちらは黒辺あゆみが創作について語るブログです

ワクチン問題

ワクチン三回目接種すっか! と決めたのはいいんだけど。

あれ、接種できる枠がロクにないぞ……?

お国があんなにやんややんやと言っているから、いつでもできるのかと思いきや。

まず、予約システムでどの病院を覗いても、週に一日しか接種日設定していない。

しかもだいたい昼から。

午前中はどこも診察が多いから、それを捌いた後にしかしないよ、っていうことなんだろう。

そして、そもそもワクチンの数が少ないっぽい。

一週間ずつの予約していないんで、ほとんどの病院が一週間分、つまり一日しか接種できる日を設定していなくて、あとは全部枠ナシ。

テレビなんかで「三回目接種いつでもオーケー! カモン!」ってなっているのは、あくまで都会のごく一部だけでの話。

っていうか、そっちにワクチンを優先させているから、田舎の方だと一週間で捌く微量しか回されていないんだろう。

まあ福岡でいえば、久留米から北と南とで、綺麗にコロナ被害の線引きがあるものね。

だから「今のうちに予約しておこう」じゃなくて、本当に打とうと決めた直前に予約しないといけないっぽいよ。

なるほど、めんどいな?

平日に打ちたい人は自分が打てる日に接種日設定してる病院を探しだして、日曜日だとショッピングモールに行ってね、っていうことだよ。

 

なるほど、若者の三回目接種が進まないのどうのっていうのの、実状が見えたな。

これだと、「めんどいから、もうやらなくてよくない?」ってなりそう。

てか、年齢フリーで接種しているのがそもそも都会に限った話で、田舎だとまず若者の接種の順番がまだ来ていない。

あとは、知り合いの話だと個人的にかかりつけをもっていると、そこでやってくれるっぽいな。

そういう場合の病院って、自治体の予約システムには登録していなくて、本当にお得意さんの患者しか接種しないのよ。

つまり、病人有利。

これもまあ、ワクチンを打たなきゃいけない人を考えると、妥当ではある。

しょうがないよね、日本全体で手に入れているワクチンが少ないんだし。

私は、ぼちぼち出番を待つかな。