日々是平穏

こちらは黒辺あゆみが創作について語るブログです

最近、解体が多い

ここのところ、我が家の周辺で建物が解体される作業をよく見かける。

古い建物だったり、空き家だったりなんだけれど、どうやら持ち主がお亡くなりになって子どもに引き継がれ、土地を売るために解体する、っていうパターンのようだ。

これまでは土地を持っていることがステータスであり、財産だと思っていたお年寄りが土地主だったんで、ボロ家なんだけれどかなり割高の家賃で貸そうとする、っていうところばっかりだったの。

地主さん方は、高度経済成長期の旨味を忘れられないんだろうね。

それにね、ウチの地元じゃあどうやら高度経済成長期に、三から四階建てのビルを建てるのが流行ったみたいなのよ。

けどね、今時そんなビルは流行らないし、維持費が高いだけで住みにくい。

なにせ昔の建物だから、エレベーターとかついていないし。

子ども世代になると、さすがにそのあたりの現実が見えている。

こんなボロ家を貸そうなんておこがましい、固定資産税も馬鹿にならないんだから売ろうぜ!ってなっているのが、今の解体ラッシュだ。

 

建物は新しい方がいい、とは思わないけれど、時代に即していない建物はいらないかな。

そしてこの調子だと、私の自宅を買いたい計画も、どこかいい場所が空くかもだ。